メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公明党

山口氏「熟慮する」 代表6選出馬へ意欲にじませ

公明党の山口那津男代表=首相官邸で2018年9月3日、川田雅浩撮影

 【天津・木下訓明】公明党の山口那津男代表は8日(日本時間同)、任期満了に伴う党代表選(19日告示、30日投開票)について「熟慮したうえで近いうちにしかるべき意思を固めたい」と述べ、6選を目指して立候補する意欲をにじませた。訪問先の中国・天津市で同行記者団に語った。

 公明党は30日の党大会で新代表を選出後、執行部人事を行う。山口氏は「経験と力を蓄えた議員が育ちつつある。そうした人たちが力を発揮できる体制に進んでいくことが望まれる」と述べ、来年の統一地方選と参院選に対応できる布陣を整える必要があるとの認識を示した。

 憲法改正を巡っては、安倍晋三首相が秋の臨時国会への自民党案提出を目指していることに対し、「(国会の…

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文758文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  3. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  4. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  5. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです