メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

医薬品輸出入に打撃 各社、代替経路探し

滑走路が浸水した関西国際空港=2018年9月4日午後5時55分、本社ヘリから幾島健太郎撮影

 台風21号による浸水が起きた関西国際空港では、旅客便の運航が再開して復旧が進みつつあるが、関空が注力してきた医薬品の貨物輸送は本格的な再開のめどが立っていない。関西に本社や工場がある製薬会社は、消費期限もあるため迅速に運ぶ必要がある医薬品の輸出入に関空を利用しており、他の空港や港に切り替える調整を急いでいる。

 高価でかさばらない医薬品の輸出入は、運賃は安いが時間がかかる船舶よりも、航空機が向いている場合が多…

この記事は有料記事です。

残り483文字(全文689文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです