メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中露

11日に首脳会談 経済、安全保障で連携強化へ

 【モスクワ大前仁】プーチン露大統領は10日から極東ウラジオストクで日中などの首脳と相次いで会談する。また中露両軍は同時期に東シベリアでの合同軍事演習に臨む。共に対米関係が悪化している中露両国は、経済と安全保障の両面で関係を強化していく構えだ。

     ウラジオストクでは11~13日、「東方経済フォーラム」が開かれる。プーチン氏は10日に安倍晋三首相、11日に中国の習近平国家主席と会談する。

     日露首脳会談では平和条約締結問題と北方領土での共同経済活動が中心議題となる。ウシャコフ露大統領補佐官(外交担当)は5日、「第二次大戦の結果、クリル諸島(北方領土)はソ連に、後にロシアに組み込まれた」と述べるなど、ロシア側はかたくなな姿勢を崩していない。

     一方、中露首脳会談ではロシア北部ヤマル半島でのガス田の開発など、経済協力が焦点となる見通し。1~6月の中露交易額は前年同期比で30.2%増加。特に米国が対露制裁を強化し、中国製品へ追加関税を課していることから、連携強化も議題となりそうだ。

     ロシア軍は11~17日、29万7000人が参加し、ソ連時代の1981年以来の大規模となる演習「ボストーク(東方)2018」を実施する。その一環として中国、モンゴル軍が参加する演習を11~15日、東シベリアのチタ地方で行う。中国軍が4年に1度開かれる「ボストーク」へ参加するのは初めて。兵力3200人、900種類の兵器、軍機30機を動員させる予定。

     ゲラシモフ露参謀総長は6日、合同演習について「特定の国々を標的としていない」と言明。一方で7日付コメルサント紙は、合同演習が安倍首相の訪露と重なる点を捉え、日本を刺激していると報じた。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
    2. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
    3. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
    5. 小泉進次郎・自民筆頭副幹事長 「モリカケやっぱりおかしい」 特別委設置求める

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです