メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

自衛隊が風呂設営 利用者「疲れとれた」

自衛隊の仮設風呂で久しぶりの入浴を楽しむ子供たち=北海道厚真町で2018年9月8日午後5時48分、和田大典撮影

 地震による断水被害を受けて、陸上自衛隊第7師団による簡易入浴施設が8日、厚真町と安平町、むかわ町内の計4カ所に設置された。

 特に被害の大きかった厚真町では、避難所の厚南会館と総合福祉センター隣の福祉施設に設けられた。深緑色のテント内に浴槽とシャワーがあり、町民らが久しぶりの風呂を堪能していた。

 兄弟や友人と入浴した梶谷怜矢さん(11)は「久しぶりの温かいお風呂で本当に安心する。昼間は家の片付けをしていたが疲れもとれた」と顔をほころばせた。自衛隊などによると、9日以降は午前中から開放し、設置場所を増やすことも検討している。【澤俊太郎】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです