メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

大切な人、どこに 「72時間の壁」迫る

土砂崩れ現場で安否不明者を捜索する自衛隊員や消防隊員ら=北海道厚真町で2018年9月8日午前7時53分、貝塚太一撮影

 北海道で最大震度7を記録した地震は9日未明に発生から丸3日を迎える。地震や土砂災害で家屋などの下敷きとなった被災者の生存率が大幅に低下するとされる「72時間の壁」にあたり、8日も救助隊による懸命な捜索が続いた。

 厚真町吉野地区では8日夜も自衛隊などが「一刻も早く見つけ出したい」と活動に当たった。自衛隊員らは救助犬がかぎ分けたにおいを頼りに5メートルほど積もった土砂をショベルカーでかき出した。投光器に照らされる中、衣服や木片が交じった土砂の中を人がいないか注意深く捜していた。

 胆振東部消防組合の男性消防士(54)は「焦る気持ちを抑えながら懸命に活動している」。千葉県警から派遣された男性警察官は「ご家族が待っているので、夜通しの活動でも気持ちを折らず、期待に応えたい」と話した。

 「72時間」は、人が何も飲まずに生き延びることができる限界とされる。阪神大震災(1995年)で発生から4日目になると生存率が激減したことなど、これまでに起きた災害から得た経験則からも、災害時の救助活動で一般的に認識される。

 総務省消防庁によると、全国の消防本部などでこの認識は共有されており、担当者は「他の救急要請とのバランスはあるが、生存者救出に重点的に戦力を投入する」と話す。自衛隊も同様で、「72時間という時間を念頭に即時救援活動にあたっている」という。

 ただ、72時間を超えても状況によっては生存の可能性はある。東日本大震災(2011年)では、宮城県石巻市で80歳の女性と孫の男子高校生が倒壊した家屋の下から217時間ぶりに救出された。海外でも10年のハイチ大地震で15日ぶりに少女が、15年のネパール地震では少年が5日ぶりに救出されたことがある。総務省消防庁の担当者は「72時間は一つのラインではあるが、過ぎたからといって活動の手を緩めることはない」と話している。【土江洋範、神足俊輔】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. WEB CARTOP 海外で言うと恥ずかしい!? 日本車のおかしな車名3選
  2. シンポジウム 戸田恵子さん 認知症だった母の介護語る
  3. 記者の目 「多死社会」変わる弔いの現場 自分の死と向き合おう=山口知(大阪社会部)
  4. WEB CARTOP 欧州車にも負けない美しさ! 天才デザイナーが手がけた日本車7選
  5. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです