メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

線路水没いつまで…正常化遠く

記者会見する関西エアポートの山谷佳之社長=関西国際空港で2018年9月8日午後3時19分、小松雄介撮影

 国内線に続き、8日に国際線も一部で運航が再開した関西国際空港。運営する関西エアポートの山谷佳之社長はこの日、1週間後をめどに閉鎖中の第1ターミナルを部分復旧させると自信を見せた。だが、運航を担う各航空会社は被災状況の確認や機材の点検に追われており、関係者は「明日の予定すら見通せない」と明かす。関空島に乗り入れる鉄道の線路も、被災から4日後の8日も水没したまま。空港島の本格復旧は見通せない状況だ。

 全日空は同日、国際線の「再開1番機」を離陸させたが、この機体が別の空港から関空に到着したのは出発の…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文760文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「飲酒強要、ズボン脱がす」 近大医学部ゴルフ部員、警察に相談
  2. 国税庁委託先がマイナンバーなど個人情報70万件漏えい
  3. ORICON NEWS 指原莉乃、涙でHKT48卒業発表「平成のギリギリまでアイドルとして頑張りたい」
  4. 日大チアパワハラ 「学校の恥」「ずる賢いばか」暴言次々
  5. 「名門・神鋼復活を」故・平尾誠二さんが常連 バーのマスターの願い 15日にラグビー日本選手権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです