メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

関空

線路水没いつまで…正常化遠く

記者会見する関西エアポートの山谷佳之社長=関西国際空港で2018年9月8日午後3時19分、小松雄介撮影

 国内線に続き、8日に国際線も一部で運航が再開した関西国際空港。運営する関西エアポートの山谷佳之社長はこの日、1週間後をめどに閉鎖中の第1ターミナルを部分復旧させると自信を見せた。だが、運航を担う各航空会社は被災状況の確認や機材の点検に追われており、関係者は「明日の予定すら見通せない」と明かす。関空島に乗り入れる鉄道の線路も、被災から4日後の8日も水没したまま。空港島の本格復旧は見通せない状況だ。

 全日空は同日、国際線の「再開1番機」を離陸させたが、この機体が別の空港から関空に到着したのは出発の…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 武田・厚労省課長 韓国で逮捕 「韓国人嫌い」空港職員に暴行か
  2. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  3. 神奈川知事選 現職と新人の2氏が届け出 県政継続の是非が争点
  4. 大谷、イチローの開幕戦を夜更かし観戦
  5. 三重知事選 現職と新人の2氏が届け出

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです