メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大規模災害

停電時の対応は? 在宅医療器にも備えを

 大きな災害で停電が長時間続くと、在宅療養している患者が使う機械も止まりかねない。酸素濃縮器や人工呼吸器を使っている患者は、内部バッテリーの確認など普段からの備えが必要だ。

     参考になるのが、厚生労働省の研究班が東日本大震災の教訓をもとに作成した「大規模災害に対する備え」で、国立がん研究センターのサイト「がん情報サービス」でみられる。

     慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)などの患者が使う酸素濃縮器は、停電しても内部バッテリーがあれば1~2時間作動する。その間に、電気を使わない酸素ボンベに切り替える。動くと酸素の消費量が増えるので、落ち着いて安静にする。自宅から避難する場合は、保守点検業者が安否確認しやすいよう、避難先を連絡するとともに、行き先をメモに書いて残す。

     人工呼吸器を使う患者は普段から、内部バッテリーは新品時よりも作動時間が短くなることに注意し、ガソリンで動く自家発電機などの外部電源を確保しておく。停電が長引いた場合は、病院に避難することを考える。

     停電への備えの他、予備の薬やお薬手帳を準備し、避難の手助けをしてもらえるよう近所の人や市町村に声をかけておくと安心だ。【熊谷豪】

    在宅患者の停電への備え

    <酸素療法を受ける患者>

    ・携帯用酸素ボンベを確保

    ・酸素の消費量が増えないよう、安静にする

    <人工呼吸器の患者>

    ・内部バッテリーは新品時よりも作動時間が短くなることに注意

    ・自家発電機など外部電源を確保

    ・長期停電なら、病院への避難を検討

    ※厚労省研究班の資料から作成

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
    2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
    3. 暴虐の傷痕 イラク・IS後/2 「子守る」性奴隷耐え
    4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
    5. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです