メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号被害

近畿3万戸、停電続く 完全復旧見通せず

 台風21号などの影響で、近畿2府4県の停電は9日午前0時10分現在、約3万2660戸となっている。完全復旧までの日数は見通せない状況だ。

 関西電力によると、和歌山県約1万4140戸(海南市、有田川町、紀美野町など)▽大阪府約1万2210戸(岸和田市、和泉市、泉佐野市など)▽京都府約4940戸(京都市左京区、右京区、北区など)▽奈良県約730戸(野迫川村など)▽滋賀県約330戸(高島市など)▽兵庫県約310戸(淡路市)。詳細な停電エリアは関電のホームページで確認できる。

 関電は、台風で倒木や家屋倒壊、土砂崩れなどが起き、作業を必要とする場所への立ち入りが難しい地域があり、復旧が長期化する可能性があるとしている。【真野森作、土居和弘】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです