メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

敵地でタナカ・タイム、今季最多の10三振

 米大リーグは7日、各地で行われ、ヤンキースの田中はマリナーズ戦に先発し8回を3安打無失点、10三振の無四球で11勝目を挙げた。

 敵地が極上の「タナカ・タイム」と化した。田中は八回まで今季最多10三振を奪い、本塁を踏ませなかった。「試合が進むにつれて、いい集中力で球をコントロールできていた」と悦に入った。

 唯一のピンチは4-0の六回。初めて得点圏に走者を背負ったが、ゴードン、ハニガーを連続三振に仕留める…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. PLS 難病35歳、講演で生き方発信 大久保選手も支援
  4. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
  5. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです