メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

敵地でタナカ・タイム、今季最多の10三振

 米大リーグは7日、各地で行われ、ヤンキースの田中はマリナーズ戦に先発し8回を3安打無失点、10三振の無四球で11勝目を挙げた。

 敵地が極上の「タナカ・タイム」と化した。田中は八回まで今季最多10三振を奪い、本塁を踏ませなかった。「試合が進むにつれて、いい集中力で球をコントロールできていた」と悦に入った。

 唯一のピンチは4-0の六回。初めて得点圏に走者を背負ったが、ゴードン、ハニガーを連続三振に仕留める…

この記事は有料記事です。

残り315文字(全文518文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 大リーグ エンゼルス大谷がア・リーグ新人王
  3. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  4. 交通事故 横断中の男性、タクシーにはねられ死亡 札幌 /北海道
  5. 東京地裁 不審なはがきに注意呼びかけ 実在しない名で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです