メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボクシング

連盟新会長に内田貞信氏 「山根派は一掃」

山根明氏=加古信志撮影

 日本ボクシング連盟は8日、東京都内で臨時理事会を開き、助成金流用などの問題で辞任した山根明前会長の後任に、不正を告発した「日本ボクシングを再興する会」の内田貞信氏(45)を全会一致で選出した。宮城県連盟会長でもある内田氏は記者会見で「選手第一で、透明性のある団体を作りたい」と述べ、公益社団法人化を目指す考えを示した。

 理事会に先立って行われた臨時総会では、総辞職した理事に代わって26人の新理事を選任。再興する会によると新理事の大半が告発状に名を連ねており、同会は「山根派は一掃された」と強調した。総会後、理事の互選で内田氏の会長就任が決まった。最高顧問に、参議院議員で日本オリンピック委員会(JOC)副会長の橋本聖子氏らに就任を打診しているという。

 新執行部は取り組むべき課題として、日本では制限されているプロ選手の五輪参加▽2023年から隔年開催となる国体の改革▽都道府県の意見収集のためのシステムの構築--などを挙げた。【田原和宏】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです