メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

永田10秒34、初V 男子100 日本学生対校

 陸上の日本学生対校選手権は第3日の8日、川崎市等々力陸上競技場で行われ、男子100メートルは永田駿斗(慶大)が10秒34(向かい風1.4メートル)で初優勝した。今夏のジャカルタ・アジア大会男子400メートルリレー金メダルの多田修平(関学大)は10秒36で3位だった。

 男子400メートルは2016年リオデジャネイロ五輪代表のウォルシュ・ジュリアン(東洋大)が45秒75の大会タイ記録で3連覇。女子やり投げは北口榛花(はるか)=日大=が60メートル48で2連覇を飾り、男子走り幅跳びは橋岡優輝(日大)…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大坂なおみ選手の肌白く表現 日清食品が謝罪と米英紙
  2. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える
  3. スバルが国内生産停止 ハンドル補助装置に不具合
  4. 女子中学生が意識不明 殺人未遂容疑で母親を逮捕 前橋
  5. 誤って高圧幹線を切断 大阪・高槻で病院など停電

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです