メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 大坂、憧れ破り悲願 心境複雑「ごめんなさい」

テニスの全米オープン女子シングルス決勝の戦いを終えてS・ウィリアムズ(左)に祝福される大坂なおみ=AP

 【ニューヨーク長野宏美】あどけなさの残る瞳からこぼれ落ちたのは、世界の頂点に立った喜びの涙ではなかった。「こんな終わり方でごめんなさい」。8日(日本時間9日)に当地で行われたテニスの4大大会、全米オープン女子シングルス決勝。日本選手で初めて4大大会シングルスを制した大坂なおみ(20)=日清食品=は憧れのレジェンドとの対戦を終えた直後の優勝インタビューで、複雑な心境を打ち明けた。

 決勝の相手は、地元・米国のセリーナ・ウィリアムズ(36)。大坂にとって、子供の頃から憧れの存在だ。…

この記事は有料記事です。

残り1525文字(全文1766文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  4. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  5. イチローが開幕スタメン マリナーズ監督が明かす

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです