メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

論の周辺

創造の基盤を照らし出す

 この夏、評論家の三浦雅士さんが刊行した『孤独の発明 または言語の政治学』(講談社)は、驚くべき構想力を持つ論考だ。人間という存在の根源を、文学や舞踊、演劇といった芸術はもちろん、宗教、政治、経済、さらには文明論的な面からも探っている。その際、言語学から哲学、認知心理学、人類学、動物行動学にまで及ぶ古今東西の思想、研究成果が広く渉猟される。いくつもの問題提起のうち、ごく限られたポイントにとどまるが紹介したい。

 出発点となるのは、生物にとっての「視覚」の獲得であり、それと密接に関わる人間にとっての言語の獲得だ…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです