メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

岸政彦さん(社会学者) 「普通」の人々の姿、切り取る 本土との境界線考察『はじめての沖縄』刊行

『はじめての沖縄』を刊行した岸政彦さん=大阪市北区で2018年8月24日午後4時11分、須藤唯哉撮影

 約20年にわたって沖縄を調査・研究している社会学者、岸政彦さん(51)が刊行した『はじめての沖縄』(新曜社)が話題だ。観光ガイドブックを連想させる書名だが、その内容は沖縄と本土の間を隔てる「境界線」について考察する一冊だ。岸さんは「沖縄に出合ってからずっと考えてきたテーマ」と語る。

 岸さんは20代半ばに初めて沖縄を訪れ、「熱病に浮かされたように沖縄に恋い焦がれてしまう状態」の「沖縄病」に。その理由を突き詰めていくうちに、沖縄社会を研究テーマに据え、市井の人々を対象にした生活史の聞き取り調査を続けてきた。現在も毎月1回のペースで沖縄に通う。

 タクシーの運転手、県内大企業に正社員として勤める若い女性、地上戦の経験者。本書には、沖縄の「普通の…

この記事は有料記事です。

残り811文字(全文1134文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです