メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

循環呼吸 水原涼(作家)

 高度に発達した科学は魔術と見分けがつかない、とSF作家のアーサー・C・クラークは言った。テクノロジーに限らず、僕は自分の理解の範疇(はんちゅう)を越えた技術を目にすると、この言葉を思い出す。手品師のテクニックなどはまさにそれだ。掌(てのひら)に置いたコインが浮き上がるように宙を舞うさまは、本人による説明を受け、スーパースローカメラの映像を見せられても、まったく原理がわからない。あるいはサッカー選手の目も眩(くら)むフェイント、スピードメタルのギターの速弾き、もっと卑近な例を挙げるなら、先日車に乗せてもらった知人の縦列駐車の巧みさは、それだけでひとつのパフォーマンスになりうると思う。

 直接目にしたなかで最も驚いたのは、音大の、当時はまだ学部生であった友人のフルーティストが、カラオケ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  5. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです