メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

秀山祭九月大歌舞伎 吉右衛門、自在のセリフ術=評・小玉祥子

 昼夜とも見応えあり。座頭の吉右衛門の昼は「河内山」。「質見世」で悪僧、河内山のふてぶてしさを見せ、宮家の使僧を装って乗り込んだ「松江邸」では、大名松江侯をものともしない、洒脱(しゃだつ)な剛毅(ごうき)さと活殺自在のセリフ術で見るものを引き込む。幸四郎の松江侯が、わがままで短気な殿様ぶりで役にかなう。

 夜が「俊寛」。吉右衛門は島に流罪となった俊寛の、都に戻れると思っての喜び、妻の死を知らされての悲し…

この記事は有料記事です。

残り641文字(全文843文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです