メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲秋場所

稀勢の里、白星発進

【大相撲秋場所初日】勢を寄り切りで降し、懸賞金を手に土俵を降りる稀勢の里=東京・両国国技館で2018年9月9日、西本勝撮影

初日

 8場所連続休場明けの横綱・稀勢の里は勢に完勝して白星発進。大関取りを狙う先場所優勝の関脇・御嶽海は正代を降した。ともに先場所途中休場の2横綱は、白鵬が玉鷲を圧倒し、鶴竜も貴景勝を退けた。大関陣ではカド番の栃ノ心が千代大龍をつり出したが、豪栄道は魁聖に屈し、黒星スタートとなった。

 =十両勝負=

常幸 おしだし  天空

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1442文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  2. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  3. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  4. クルド人男性 仮放免取り消され、入管施設収容 「早期解放を」 日本人女性と結婚後、わずか2カ月 /埼玉
  5. チェック 「ハーフ」偏見ない? なおみフィーバー、議論活発 都合のいいとき「日本人」/「ガイジン」いじめ、差別も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです