メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

【大相撲秋場所初日】勢を寄り切りで降し、懸賞金を手に土俵を降りる稀勢の里=東京・両国国技館で2018年9月9日、西本勝撮影

初日

 8場所連続休場明けの横綱・稀勢の里は勢に完勝して白星発進。大関取りを狙う先場所優勝の関脇・御嶽海は正代を降した。ともに先場所途中休場の2横綱は、白鵬が玉鷲を圧倒し、鶴竜も貴景勝を退けた。大関陣ではカド番の栃ノ心が千代大龍をつり出したが、豪栄道は魁聖に屈し、黒星スタートとなった。

 =十両勝負=

常幸 おしだし  天空

この記事は有料記事です。

残り1282文字(全文1442文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 天野健太郎さん 47歳=台湾文学翻訳家
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  4. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  5. アムネスティ スーチー氏に授与した人権賞撤回

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです