メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 新女王・大坂、万感 焦った元女王、自滅(その1) 100年越しの悲願 成長と自信、見せつけ

テニスの全米オープン女子シングルス決勝で最後まで集中力を保って初の優勝をつかんだ大坂=AP

 【ニューヨーク浅妻博之、長野宏美】100年越しの日本テニス界の悲願が、ついに実った。当地で8日(日本時間9日)に行われた4大大会最終戦、全米オープンの女子シングルス決勝で、第20シードの大坂なおみ(20)=日清食品=は、4年ぶり7回目の優勝を狙った第17シードのセリーナ・ウィリアムズ(36)=米国=に6-2、6-4でストレート勝ちし、4大大会シングルスで男女を通じて日本勢初優勝を果たした。S・ウィリアムズはマーガレット・コート(オーストラリア)の歴代最多に並ぶ4大大会24回目の優勝はならなかった。

 大坂は4大大会11回目の出場で初めて8強入りすると、女子シングルスでは日本選手初の決勝に臨み、一気…

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  3. 論プラス 元徴用工めぐる判決 日韓に刺さったとげ=論説委員・大貫智子
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです