メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 新女王・大坂、万感 焦った元女王、自滅(その2止) セリーナいら立つ

女子シングルス決勝で大坂なおみと対戦し、主審に激しく抗議するセリーナ・ウィリアムズ=ニューヨークで8日、USAトゥデー・ロイター共同

 【ニューヨーク長野宏美】史上最多タイの24回目の4大大会優勝を狙ったセリーナ・ウィリアムズは、いら立っていた。180キロを超えるサーブを返され、強打で左右に走らせても大坂を崩せない。ポイントを奪えない焦りが力みにつながり、次第にミスを重ねた。百戦錬磨のS・ウィリアムズも「彼女は本当に堅実だった」と強さを認めた。

 第1セットを落として迎えた大坂のサービスゲームをブレークして3-1とリードし、反撃のチャンスをつか…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1024文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点
  3. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  4. 自民総裁選 伸びぬ党員票「打ち上げではない。反省会だ」
  5. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです