メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全米オープン 新女王・大坂、万感 焦った元女王、自滅(その2止) セリーナいら立つ

 【ニューヨーク長野宏美】史上最多タイの24回目の4大大会優勝を狙ったセリーナ・ウィリアムズは、いら立っていた。180キロを超えるサーブを返され、強打で左右に走らせても大坂を崩せない。ポイントを奪えない焦りが力みにつながり、次第にミスを重ねた。百戦錬磨のS・ウィリアムズも「彼女は本当に堅実だった」と強さを認めた。

 第1セットを落として迎えた大坂のサービスゲームをブレークして3-1とリードし、反撃のチャンスをつか…

この記事は有料記事です。

残り817文字(全文1024文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高齢秋田犬がお手柄 散歩中におばあちゃん助ける
  2. 男女一緒、あらためて大人の性教育 60代も学んだ最新の避妊法
  3. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  4. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  5. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです