メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、4戦連発逃す

8日のホワイトソックス戦の九回、暴投で本塁突入の際、投手と交錯し負傷したエンゼルス・大谷(中央)。ソーシア監督(右)に付き添われベンチに戻る=シカゴで、共同

 【シカゴ共同】米大リーグは8日、各地で行われ、エンゼルスの大谷がシカゴでのホワイトソックス戦に「4番・指名打者」でフル出場し、6-3の九回無死満塁で三塁打を放って4打数2安打3打点、2得点で1四球1盗塁だった。4試合連続本塁打はならず、6試合連続安打とした。チームは12-3で勝った。

 ダイヤモンドバックスの平野はブレーブス戦で3-3の九回に4番手で登板し、1回を1安打無失点、1三振1四球で勝敗は付かなかった。チームは延長十回、4-5で敗れた。

この記事は有料記事です。

残り368文字(全文592文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 唐沢寿明 “充電旅”再び! 出川哲朗と軽井沢へ きょう放送
  3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  4. 俳優 82歳アラン・ドロンさん回想 「ちんぴらだった」
  5. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです