メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本学生対校選手権 塩尻4連覇 男子3000メートル障害

 陸上の日本学生対校選手権最終日は9日、川崎市の等々力陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害でアジア大会3位の塩尻和也(順大)が8分31秒98の大会新記録で4連覇を果たした。女子800メートルはアジア大会5位の1年生、塩見綾乃(立命大)が2分5秒88で制した。

 女子200メートルは広沢真愛(日体大)が24秒19で初優勝。広沢は400メートル、400メートルリレー、1600メートルリレーと合わせ4冠に輝いた。

 男子200メートルは山下潤(筑波大)が向かい風4・0メートルの中、20秒66で初優勝。対校得点の男…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 訃報 成田賢さん 73歳=歌手 009「誰がために」
  3. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  4. 韓国 BTS事務所 被爆者とナチス被害者に謝罪表明
  5. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです