メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本学生対校選手権 塩尻4連覇 男子3000メートル障害

 陸上の日本学生対校選手権最終日は9日、川崎市の等々力陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害でアジア大会3位の塩尻和也(順大)が8分31秒98の大会新記録で4連覇を果たした。女子800メートルはアジア大会5位の1年生、塩見綾乃(立命大)が2分5秒88で制した。

 女子200メートルは広沢真愛(日体大)が24秒19で初優勝。広沢は400メートル、400メートルリレー、1600メートルリレーと合わせ4冠に輝いた。

 男子200メートルは山下潤(筑波大)が向かい風4・0メートルの中、20秒66で初優勝。対校得点の男…

この記事は有料記事です。

残り524文字(全文782文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. プロ野球 セ・リーグ全日程終了危機 阪神残りは18試合
  2. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  3. 日本維新の会 創始者・橋下氏が新著「維新、失敗だった」
  4. 絶滅危惧種 大阪湾で「アカメ」捕獲
  5. 自民総裁選 じわり広がる不満、圧勝逃す 「安倍1強」転換点

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです