メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防に近い長崎県諫早市小長井町。植木勇次さん(36)は今年6月、父の後を継いで漁師となった。「干拓のギロチンって何枚あるか知っています? 293枚。僕は『憎さ』と覚えたんです」

 21年前、ギロチンのように鋼板が次々と有明海に落とされ、湾奥が閉め切られた。「宝の海」は一変して高級二枚貝のタイラギは取れなくなり、一家の収入は激減した。反対派…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  4. デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  5. 人気低迷 せんとくんの「年収」、全盛期の3%にまで激減

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです