メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防に近い長崎県諫早市小長井町。植木勇次さん(36)は今年6月、父の後を継いで漁師となった。「干拓のギロチンって何枚あるか知っています? 293枚。僕は『憎さ』と覚えたんです」

 21年前、ギロチンのように鋼板が次々と有明海に落とされ、湾奥が閉め切られた。「宝の海」は一変して高級二枚貝のタイラギは取れなくなり、一家の収入は激減した。反対派…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. コトバ解説 「風疹」と「麻疹」の違い
  2. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  3. 風疹 症状、妊婦への影響、予防法・・・Q&Aまとめ
  4. 大阪地裁 たこ焼き店脱税、起訴内容認める 初公判
  5. 大相撲 番付編成会議 貴乃花親方は欠席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです