メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 国営諫早湾干拓事業の潮受け堤防に近い長崎県諫早市小長井町。植木勇次さん(36)は今年6月、父の後を継いで漁師となった。「干拓のギロチンって何枚あるか知っています? 293枚。僕は『憎さ』と覚えたんです」

 21年前、ギロチンのように鋼板が次々と有明海に落とされ、湾奥が閉め切られた。「宝の海」は一変して高級二枚貝のタイラギは取れなくなり、一家の収入は激減した。反対派…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文459文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  2. 元徴用工訴訟 河野外相「原告は徴用された方ではない」
  3. 競売 ヒトラーの写真130万円落札 ユダヤ系少女と笑顔
  4. 国会 「通告ないと答えられない」 目立つ首相の消極姿勢
  5. さくらももこさん 声優ら参列し「ありがとうの会」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです