メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東証

7日ぶり反発、終値66円高の2万2373円

 週明け10日の東京株式市場は、米国の貿易摩擦問題への懸念から方向感を欠く値動きが続いたが、午後に入って、割安な銘柄の買い戻しが優勢となり、日経平均株価(225種)は7営業日ぶりに反発した。

     終値は前週末比66円03銭高の2万2373円09銭。東証株価指数(TOPIX)は3.30ポイント高の1687.61。出来高は約11億1600万株。

     トランプ米大統領が日本や中国に対して、保護主義的な姿勢を強めていることを警戒した売りが先行し、朝方は値下がりに転じる場面もあった。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    2. 奄美大島 ノネコ捕獲で論争 クロウサギ捕食で
    3. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
    4. 東海第2原発 避難計画拒否を 石岡市長に市民団体 /茨城
    5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです