メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮

軍事パレード 建国70周年、ICBM登場せず

北朝鮮建国70周年の軍事パレードに登場したロケット砲=平壌で2018年9月9日、渋江千春撮影

 【平壌・渋江千春】北朝鮮は9日、建国70周年を迎え、平壌の金日成(キム・イルソン)広場で大規模な軍事パレードを実施した。北朝鮮が米朝首脳会談で非核化の意思を示す中、注目された大陸間弾道ミサイル(ICBM)などは登場せず、米国など国際社会への一定の配慮をうかがわせた。

 金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は、訪朝した中国共産党序列3位の栗戦書(りつ・せんしょ)・全国人民代表大会(全人代)常務委員長(国会議長)とともにパレードを観閲した。2人はときおり顔を寄せ合って会話を交わし、金委員長が栗氏の手を取って高く掲げて中朝関係の改善ぶりをアピールする場面もあった。

 金委員長と栗氏は9日会談し、中朝関係を発展させていくことで一致。中国国営新華社通信によると、金委員長は朝鮮半島の非核化について「朝米首脳会談の合意を堅持しており、そのための措置を取った」と強調した。さらに「米国側が相応の行動を取り、朝鮮半島問題の政治的な解決に向けて共に取り組むことを望む」と訴えた。栗氏は習近平国家主席の親書を伝達した。

 金日成広場での軍事パレードは午前9時40分から1時間半ほど行われ、戦車や300ミリロケット砲などの兵器が登場した。2月の朝鮮人民軍創建日(建軍節)の軍事パレードでは、米本土を射程に入れる新型ICBM「火星15」などを公開したが、今回のパレードでは大型の弾道ミサイルは登場せず、抑制ぶりが目立った。ただ、戦車には「米帝侵略者を消滅させよ」などと白い塗料で反米スローガンも書かれていた。

 北朝鮮の当局者は「ICBMが出なかったということは、こちらからは非核化の意思を明確に示しているということだ」と強調した。軍事パレードに合わせ世界各国から約150人の報道関係者が訪朝しており、国際社会からの批判をかわす狙いもあったとみられる。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. Dr.北村が語る現代思春期 危険な「セクスティング」 削除できない性的画像
  2. 風知草 圧勝ですが、何か?=山田孝男
  3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
  4. 水難事故 小学生3人溺れ、9歳男児が死亡 2人は無事 大阪
  5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです