メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豚コレラ

国内産豚肉の輸出停止に 岐阜、546頭殺処分

 岐阜県は9日、岐阜市の養豚場で死んだ豚の精密検査をした結果、豚コレラウイルスが検出されたと発表した。養豚場では3~7日に計約80頭が死んだ。国内で豚コレラが確認されたのは1992年に熊本県で確認して以来、26年ぶり。県は残る610頭の殺処分を進め、10日早朝までに完了したが、作業中にも64頭が死んだため、最終的には546頭を殺処分した。農林水産省は9日、国内産豚肉の輸出を停止した。

 豚コレラは近年アジアを中心に広く発生している。豚やイノシシの病気で人に感染せず、感染した豚肉を食べても影響はない。中国で猛威を振るうアフリカ豚コレラとは異なる。

 野生のイノシシからも感染するが、今回の感染ルートは不明で、岐阜県が詳しく調べている。県が県内全ての豚やイノシシ飼育農家51戸に聞き取り調査をしたところ、いずれも異常はなかったという。

 県によると、3日に市畜産課の獣医師が死んだ肥育豚1頭の病性鑑定を県に依頼した。結果は陰性だったが、解剖で豚コレラが疑われ、7日の再検査で陽性反応が出た。同じ豚舎の虚弱豚にも陽性反応があり、農水省の精密検査で9日にウイルスが検出された。

 県が豚の大量死を把握したのは8日未明に実施した立ち入り検査だった。養豚場は県の聞き取りに対し、3~7日に「約80頭が死んだ」と話しているという。死んだ豚は1カ所に集めずに放置されていた。本来は適切に保管した後に産業廃棄物業者に処分を依頼するのが手順とされる。放置の理由について、県は「養豚場から明確な回答がない」としており、廃棄物処理法違反の疑いもある。

 県は家畜伝染病予防法に基づき、半径10キロ圏内にある他の3養豚場(飼育数計1012頭)に対し、搬出を制限したほか、6カ所に消毒ポイントを設けた。殺処分した豚は、国の指針に基づき、感染確定から72時間以内の埋却完了を目指す。農水省によると、昨年の豚肉・豚肉加工品の輸出は約600トン(約7億円)。【岡正勝、横田伸治】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
  3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
  4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです