メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道震度7

最後の不明者発見 死者40人に

地震による大規模な土砂崩れが起きた現場で安否不明者を捜索する消防隊員ら=北海道厚真町幌内で2018年9月9日午後2時16分、和田大典撮影

 北海道南西部の胆振(いぶり)地方を震源地とする最大震度7の地震で、10日午前10時現在の死者は40人になった、と道が発表した。厚真(あつま)町の土砂崩れ現場で安否が分からなかった人は全員見つかった。

 厚真町では10日未明、安否不明だった山本辰幸さん(77)が発見され、死亡が確認された。同町の死者は36人となった。同町以外の死者は、札幌市と苫小牧市、新ひだか町、むかわ町で各1人。このほか、札幌市の3人、苫小牧市の1人の死者が地震の影響だった可能性があり、道が経緯を確認している。

 10日午前11時現在の停電戸数は、厚真町などの403戸になった。また、厚生労働省によると、最大で6万5881戸あった断水は、10日午前5時現在で、8400戸に減った。

【北山夏帆、澤俊太郎】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. キスマイ宮田俊哉 風間俊介の兄役で「やすらぎの刻~道」出演 短髪姿にメンバーは「アリだね!」
  2. 陸自 砲弾、一般車被害 国道そばに着弾 滋賀の演習場 目標1キロずれ
  3. 大相撲 稀勢の里「悔しい。今場所は申し訳ない」
  4. 秋田 記者が通報、北朝鮮の木造船 船内捜索も見守る
  5. 平井科技相 宛名のない領収書61枚 選挙費の5割

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです