メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

台風21号

「近大マグロ」600匹全滅 和歌山・串本

台風21号の影響で被災した「近大マグロ」のいけす=和歌山県串本町で5日、近畿大提供、共同

 近畿大水産研究所(和歌山県白浜町)は10日、同県串本町沖のいけすで養殖していた出荷直前のクロマグロ約600匹が、台風21号の影響で全滅したとみられると発表した。被害は約1億円に上るとみている。

 研究所によると、円形いけす(直径約30メートル、深さ約10メートル)を固定するロープが高波で切れ、いけすが約100メートル流された。約250匹が網にすれて死に、残り約350匹もいけす外に流されて行方が分からず死んだとみられるという。いけすの枠も破損した。

 近畿大は2002年に世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功し、「近大マグロ」として人気を呼んでいる。クロマグロの販売価格は出荷時1匹15万円程度。【山成孝治】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ
  2. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  3. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  4. 県警不祥事 止まらない 警官、押収AV大量盗む 容疑で書類送検 別に盗撮疑いも /大分
  5. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです