メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

ジョコビッチ執念のV けがを乗り越え

全米オープン男子シングルス決勝を制して喜ぶノバク・ジョコビッチ=AP

全米オープン 男子シングルス決勝(9日)

 ジョコビッチの勝利への執念がにじみ出たのは、第2セット第8ゲームだ。

 デルポトロを相手に8度のジュースにも屈しない。10回を超える長いラリーになっても、正確無比なストロークと抜群のフットワークで堅守は崩れない。約20分の熱戦の末にサービスゲームをキープすると、タイブレークをものにしてセットを連取。根負けしたデルポトロの戦意を喪失させた。

 今季初めは右肘を手術し、けがを乗り越えて迎えた2年ぶりの全米だった。「けがで自分の弱さに気付いたからこそ、今ここにいることができる」と、周囲の支えに感謝し、コートに立っている。

 「全米のセンターコートは、いい思い出がよみがえってくる」。心身ともに充実したジョコビッチは、手が付けられないほど強かった。【浅妻博之】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訃報 山本KID徳郁さん、がんで死去 総合格闘家
  2. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  3. ORICON NEWS 魔裟斗&須藤元気が山本KIDさん追悼 04年&05年大みそかにKIDさんと対戦
  4. 特集ワイド ビゴの店、フィリップ・ビゴさん 本物伝え半世紀
  5. 都教委 自民都議問題視の性教育容認 中3に性交など説明

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです