メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外白鵬が秋場所V 幕内通算1000勝
全米テニス

焦りが力みに セリーナ、大坂の強さ認める

試合後、大坂なおみとハグするセリーナ・ウィリアムズ(左)=AP

 【ニューヨーク長野宏美】史上最多タイの24回目の4大大会優勝を狙ったセリーナ・ウィリアムズは、いら立っていた。180キロを超えるサーブを返され、強打で左右に走らせても大坂を崩せない。ポイントを奪えない焦りが力みにつながり、次第にミスを重ねた。百戦錬磨のS・ウィリアムズも「彼女は本当に堅実だった」と強さを認めた。

 第1セットを落として迎えた大坂のサービスゲームをブレークして3-1とリードし、反撃のチャンスをつかみかけた。しかし、続く第5ゲームで自滅してしまった。ダブルフォールトを二つ続けた後、バックハンドをネットにかけてゲームを落とすと、ラケットをコートにたたき付けて破壊した。2度目の警告を受け、ポイントを失った。

 さらに3-4と逆転を許すと、主審に近づき、怒りを爆発させた。「私はずるはしない、謝れ」。第2セット、第2ゲームにコーチがネットにもっと出るよう指示したとして、1度目の警告を受けたことへの抗議だった。この暴言でゲームペナルティーをとられ、戦わずして1ゲームを失い、勝機を完全に逃してしまった。S・ウィリアムズの追い詰められた姿が際立った決勝だった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  2. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
  3. 食品衛生法違反 食中毒出し営業続行 容疑の料理店、書類送検 小牧署 /愛知
  4. 交通事故 青森の国道で車4台衝突 3人死亡、5人けが
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです