メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス4大大会

日本選手初制覇まで102年

 日本の4大大会シングルス初制覇への挑戦は、102年前までさかのぼる。4大大会初参戦は、全米オープンの前身の1916年全米選手権。男子の熊谷一弥は2回戦、三神八四郎は1回戦で敗退した。

 熊谷は18年に全米で4強、20年にはウィンブルドン選手権で清水善造が前年優勝者への挑戦者を決める「オールカマーズ」で決勝(現在の4強相当)に進出。30年代には佐藤次郎が全仏オープンの前身の…

この記事は有料記事です。

残り282文字(全文469文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. クレヨンしんちゃん 声優交代が“炎上”しなかった理由
  4. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  5. 小池知事 鳥取知事の「母の慈愛」発言に「傷ついた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです