メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

男子3000障害、塩尻4連覇 日本学生対校選手権

 陸上の日本学生対校選手権最終日は9日、川崎市の等々力陸上競技場で行われ、男子3000メートル障害でアジア大会3位の塩尻和也(順大)が8分31秒98の大会新記録で4連覇を果たした。女子800メートルはアジア大会5位の1年生、塩見綾乃(立命大)が2分5秒88で制した。

     女子200メートルは広沢真愛(日体大)が24秒19で初優勝。広沢は400メートル、400メートルリレー、1600メートルリレーと合わせ4冠に輝いた。

     男子200メートルは山下潤(筑波大)が向かい風4.0メートルの中、20秒66で初優勝。対校得点の男子は日大が7年連続21度目、女子は筑波大が4年ぶり25度目の優勝を飾った。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 水樹奈々 小学生役に「私、本当に大丈夫」? 小林星蘭の「同級生」発言に大喜び
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. PLS 難病35歳、講演で生き方発信 大久保選手も支援
    4. 週刊テレビ評 綾瀬はるか主演「義母と娘のブルース」 原作を超えた独自の世界観=碓井広義
    5. 拾得物詐取 大阪の巡査ら個人情報なし狙い

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです