メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

元巨人

村田、涙の引退試合 独立リーグ栃木、今季最終戦

花束を手に涙ぐむ村田修一=栃木県小山市で2018年9月9日、宮武祐希撮影

 プロ野球(NPB)の巨人を昨季限りで自由契約となり、独立リーグ、BCリーグの栃木でプレーしていた村田修一内野手(37)が9日、栃木県小山市で行われた今季最終戦後のセレモニーで「今日をもって現役を引退します」とファンに直接、決意を伝えた。今後については未定。

 村田はこの日、群馬戦に「4番・三塁」でフル出場。九回無死一塁で迎えた現役最終打席では、一塁ゴロに倒れるなど5打数1安打、1三振だった。

 球場には、満員の6025人の観客が詰めかけ、福岡・東福岡高や日大時代の同級生らも訪れた。セレモニー…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文503文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定
  4. 徳島・三好市長 赤旗コラム盗用 市報に掲載
  5. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです