メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

負の連鎖、広島5連敗

 ○中日4-3広島●(ナゴヤドーム・9日)

     広島が交流戦時に並ぶ今季ワーストの5連敗。破竹の7連勝から一転して自力での優勝マジック消化に足踏みが続く。プロ2度目の先発で連敗ストップを託された左腕・高橋樹は「テンポを悪くして、野手の攻撃のリズムに合わなかった」と反省を口にした。

     高橋樹は立ち上がりに2点を与えたが、その後は立ち直り、粘りの投球を見せた。ただ、五回には盗塁に捕手・会沢の悪送球が絡むなどして犠飛で勝ち越しを許した。失策や四球が失点につながり、高ヘッドコーチは「勝っている時にはなかった守備のほころびが続いている」と話す。

     九回には2死から満塁として逆転の期待がかかったが、最後は西川が中飛でゲームセット。3年ぶりに中日戦の負け越しが決まり、「最後まで諦めずにできた。しっかり反省して、また広島に帰って一戦一戦やるだけ」と緒方監督。11日からのDeNAとの本拠地3連戦で、負の連鎖を断ち切るつもりだ。【田中将隆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです