メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全米テニス

全米制覇は大坂の序章 元プロ記者観戦記

ポイントを取り、ガッツポーズの大坂=2018年9月8日、AP

 米国・ニューヨークで8日(日本時間9日)に行われたテニスの全米オープン女子シングルス決勝で、大坂なおみ(20)が日本選手として初めて4大大会シングルス優勝を果たした。大坂は何度も平常心を奪われかねない場面がありながら、最後まで落ち着いたプレーで勝利を呼び込んだ。現地で決勝を取材した元プロテニスプレーヤーで4大大会出場経験のある本紙の長野宏美記者(ロサンゼルス支局)が、勝敗を分けたポイントなどをつづった。

 伝統と格式を重んじるウィンブルドンがクラシックコンサートなら、にぎやかに観戦する全米オープンはロッ…

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1659文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです