メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

被災地へ思い届け 11日コスタリカ戦

 サッカー日本代表は11日午後7時20分から、大阪・吹田スタジアムでの国際親善試合でコスタリカ代表と対戦する。国際サッカー連盟(FIFA)ランキングは日本55位、コスタリカ32位。9日は吹田市内で冒頭以外を非公開にして約1時間半戦術練習した。

     今回の親善試合は森保一監督にとって代表の初采配だけでなく、北海道地震や台風21号などの被災地への思いを届ける試合になる。札幌ドームで予定されていた7日のチリ戦は北海道地震の影響で中止、今回の大阪も台風21号で大きな被害が出ており、9日の練習も当初予定していた場所から変更された。

     天災が続いている中で迎える試合だからこそ、訴えられるものもある。北海道では練習後に、選手からの発案で、ファンと写真撮影をして触れあった。大阪府出身でセ大阪に所属した南野(ザルツブルク)は「無事にサッカーをやれている感謝の気持ちがある。被害に遭った人たちのためにも、全力でプレーし元気を与えられたら」と語る。

     想定外となった4年後のワールドカップ(W杯)カタール大会に向けた船出だが、選手たちをたくましくもしている。【丹下友紀子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 訃報 樹木希林さん75歳=女優
    2. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    3. 会津藩公行列 綾瀬はるかさんも参加 戊辰150年
    4. みんなの広場 「満員御礼」幕の下に空席が=小学校非常勤講師・岩代孝一・60
    5. 首相検討 甘利氏、党要職起用へ 2日に閣僚認証式

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです