メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケ高校選手権

豊見城が初の全国切符 男子、宿敵退け悲願達成

 全国高校選手権大会への派遣を懸けたバスケットボールの第61回全沖縄高校選手権大会は9日、沖縄市の県総合運動公園体育館で男女の決勝を行った。男子は豊見城が77-60でコザを破り、同競技で初めての全国切符を手にした。女子は西原が日本ウェルネスを94-57で降し、頂点に立った。男子豊見城は運動量を生かしたプレーで、後半にコザを突き放した。女子西原は、堅守から攻撃のリズムをつくり、終始主導権を握り続けた。男女の優勝校は、ウインターカップ2018第71回全国高校選手権大会(12月23~29日、東京)への出場権を獲得した。

     昨年11月の新人大会と1月の小橋川杯を制し、勝負強さを示していた豊見城。しかしその後の県高校総体は「競り合った時の気持ちの弱さ」(幸地信哉主将)が出て、最終盤にコザに逆転負けを喫した。この一つの敗戦が逆に選手たちの気持ちを奮い立たせた。走り込みを徹底的に強化。ことし最後のビッグ大会となるウインターカップを懸けた大一番、最後まで運動量を落とさない粘り強いプレーを発揮し、宿敵を77-60で退け悲願の全国を決めた。

     豊見城はマンツーマン守備でコザのタフショットを誘い、こぼれたボールは必死になって食らいついた。第2クオーター(Q)までリードを保ち、ミスが続いた第3Q中盤に1点差まで迫られると、すぐさまタイムアウトを取った。

     幸地主将は「気持ちで負けるな」と一喝。その後、幸地の3点弾で再びチームに火が付いた。相手のパスをスチールした比嘉隼人がそのまま速攻で得点を決め5点差に広げる。勢いそのままに第4Qも走り切り、嘉数啓希が攻守でリバウンドを死守し、幸地がコート内を激しく動き回りながら、素早いパス回しで相手を翻弄(ほんろう)していった。

     学校創立以来、初めての全国大会。優勝が決まると嘉陽宗紀監督は「最後までみんなよく粘ってくれた。このチームをつくってきてくれたOBたちにも感謝したい」と喜んだ。幸地主将は「目標は全国優勝」ときっぱり。初の大舞台にも気後れはない。

     (喜屋武研伍)

    (琉球新報)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 防弾少年団 秋元康氏作詞の新曲発表中止 ファン批判で
    2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
    3. 安倍3選・その先 /下 「後継」はや駆け引き
    4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
    5. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです