メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

他車種への流用も可能な新開発の直6ディーゼルを搭載したメルセデス・ベンツS400d登場

情報提供:カートップ

他車種への流用も可能な新開発の直6ディーゼルを搭載したメルセデス・ベンツS400d登場

環境性能を高めながら高出力を実現した

 メルセデス・ベンツの最上級モデルSクラスに、新型直6ディーゼルエンジン「OM656」を搭載したS400dを追加した。ノーマルボディとロング、2WDと4WDの合計4タイプが用意される。

Sクラス

 新たに追加したOM656は、高効率だけでなく欧州で導入されている実路走行試験「RDE(Real Driving Emission)規制」にも対応。高い環境性能を併せ持っている。すでにS450へ搭載されている直6ガソリンエンジン「M256」と基本設計を共有。最高出力は340馬力、最大トルク700N・mを発生し、メルセデス・ベンツの乗用車のなかでは最高の出力を誇るディーゼルエンジンだ。環境性能の追求はもちろん、低振動で高い静粛性を持ちながら、スムースな加速を実現している。

Sクラス

 シリンダーピッチを90mm、シリンダー間の厚みを8mmとし、全長をコンパクトに纏めているのでさまざまな車種への搭載を可能としている。

 メーカー希望小売価格(税込み)は、下記の通り。

S400d(右ハンドル)        1116万円
S400d 4MATIC(左ハンドル)     1160万円
S400dロング(右ハンドル)     1461万円
S400d 4MATICロング(左ハンドル)  1505万円


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです