メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

トヨタ・シエンタがマイナーチェンジ! 2列シート仕様の追加で幅広いユーザーのニーズに対応

情報提供:カートップ

トヨタ・シエンタがマイナーチェンジ! 2列シート仕様の追加で幅広いユーザーのニーズに対応

安全面の強化をし魅力的な価格で発売

トヨタは5ナンバーコンパクトミニバン「シエンタ」をマイナーチェンジし、9月11日に発売をする。今回のマイナーチェンジでは従来モデルの3列シートに加えて2列目シート車が追加された。早速詳細をお届けしていこう。

シエンタ

・2列シートにしたことで大容量ラゲッジを実現

従来モデルでは最大荷室長が1430mmだったが、2列シート仕様は662mmも拡大した2065mmを実現。さらに、2列目シートを倒してもフラットな荷室を確保したことで、26インチのマウンテンバイクを2台積載することが可能に。また、寝袋やマットなどを車内に備えていれば、車中泊もラクラクだ。

シエンタ

また、ラゲッジスペース内の両サイドにはユーティリティホールが9個用意されている。販売店装着オプションのユーティリティフックやシステムバーと組み合わせることで、アクティブな用途にも対応することができる! アウトドアを楽しみたい方にもオススメできる1台となったのだ。

シエンタ

・アクセル踏み間違いの事故防止や歩行者検知など安全機能を強化

今回、シエンタに新設定された「インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ・静止物)」は、アクセルとブレーキを踏み間違えたときに、目の前の障害物を検知して自動でブレーキをかけてくれるため、万が一の衝突事故を防止することが可能に。(G Cueroグレードに標準装備)

シエンタ

また、歩行者検知機能を追加した「トヨタ・セーフティーセンス」や「パノラミックビューモニターをオプション設定。目視だけでは見えにくい箇所をリアルタイムで確認することができる。(トヨタ・セーフティセンスはG Cuero、G、FUNBASE、車いす仕様車に標準装備)

シエンタ

・エクステリアデザインを進化させて質感向上

フロントバンパー、フロントグリル、ヘッドランプ、テールランプ、ホイールキャップのデザインを変更し質感を高めている。さらに、ボディカラーは6色のツートーンを新設定したほか、モノトーンには新規設定色のベージュなど10色を追加設定していることも見逃せない。

シエンタ

・毎日のドライブが便利になる機能を充実

子どもがいたり、少し大きな買い物をして両手に荷物を持っているときに面倒なのが、キーロックだろう。今回シエンタに新設定された「パワースライドドア予約ロック機能」を使用すると、ドアを閉める途中で施錠操作を行うだけで、ドアが閉まった際に自動的にロックされる便利な機能だ。

また、日本初採用となる後席の荷物の置き忘れを防止する「リアシートリマインダー」を装備。こちらは、後席ドアを開閉させることでシステムが作動し、走行後に車両を停車しイグニッションをオフにすると、マルチインフォメーションディスプレイに荷物置き忘れの注意喚起の表示がされるというものだ。(X FUNBASE、X、 X車いす仕様車に対応)

・ウエルキャブ仕様も同様の改良が加えられた

車いす仕様車、助手席回転チルトシート車も継続設定し、ベース車同様の改良が実施されている。また、今回のラゲッジ容量拡大に伴い、車いす仕様車にはスロープ前倒れ機能を全車標準装備としている。

・3列シート仕様よりもリーズナブルに

ハイブリッドモデルは燃費も28.8km/Lと従来モデルより1.6km/Lも伸びていることも見逃せない。価格は2列シート仕様が177万6600円〜234万360円(税込み)となっている。3列シート仕様は181万6560円〜253万2600円(税込み)。


情報提供:カートップ

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社告 優勝額を販売します 9月場所・白鵬関
  2. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  3. 赤坂電視台 川合俊一 日本女子バレーの団結力はすごい!
  4. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  5. 東京 コインロッカーから乳児遺体 無職女性が事情知る?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです