メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

野村万作 言葉の味わい伝える シェークスピア狂言「法螺侍」

 新作狂言「楢山節考(ならやまぶしこう)」を再演し、装束をつけない袴(はかま)狂言形式で得意とする「釣狐(つりぎつね)」をつとめるなど、87歳にして旺盛な活動を展開する狂言師、野村万作。11月に「万作を観る会」で、シェークスピア喜劇を翻案した「法螺侍(ほらざむらい)」を2009年以来、約10年ぶりに上演する。

 原作は太っちょで遊び人の騎士フォルスタッフを主人公にした「ウィンザーの陽気な女房たち」。シェークス…

この記事は有料記事です。

残り881文字(全文1086文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  3. 全国人権・同和教育研究大会 差別なき世界、子どもに 教育者ら討論や発表 大津など6市 /滋賀
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです