メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 中島国彦さん 感情の起伏と重なる

 ■漱石の地図帳--歩く・見る・読む 中島国彦(なかじま・くにひこ)さん 大修館書店・2268円

 夏目漱石の作品には印象的な場面で坂が出てくる。小説「それから」で主人公の代助は東京の牛込見附(現・飯田橋付近)から、思いを募らせる人妻の住む小石川の高台に「灯影」を認め、坂を上っていく。「こころ」の先生は、友人を出し抜いて結婚を申し込んだ後、散歩に出て4回も坂を下ったり上ったりする。

 「描かれている地形は、登場人物の感情の起伏と重なっています」

この記事は有料記事です。

残り695文字(全文917文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国 ガガさん「大統領、少しは加州の人に思いを」と批判
  2. 特集ワイド 安田純平さん シリア拘束で「無期懲役の恐怖」 自分の人生、変えていきたい
  3. 日米野球 日本が九回に2点差を逆転 通算3勝1敗に
  4. 米国 「次は大統領選」中間選挙終了で政界の動きが一気に
  5. サウジ記者殺害 音声記録に「ボスに伝えてくれ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです