メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

ピックアップ 「遊廓に泊まる」ほか

 ■遊廓(ゆうかく)に泊まる(関根虎洸(ここう)著・新潮社・1728円)

 1958年、売春防止法が完全施行されて「遊廓」は消えた。以来60年、多くが取り壊される中、著者は20の元遊廓を取材した。青森県八戸市から山口県萩市、中国・大連まで。港町や門前町、繁華街と場所はさまざま。旅館などに転業し独特の建築と雰囲気を今に伝える。往時を知る人へのインタビューもあり、旅のガイドにもなる。(栗)

 ■敗北力 増補版(鶴見俊輔著・編集グループSURE・3240円)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称 
  2. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  3. デルタ航空 デルタ航空、福岡・ハワイ線撤退へ
  4. 高知・須崎市、1年でふるさと納税300倍 成功の裏にゆるキャラと“名演出家”
  5. ORICON NEWS 純烈リーダー・酒井、無念の謝罪 結成時にDVの事実確認も「わからなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです