メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 「将軍 SHOGUN」撮影隊は、1979年8月に三重・紀伊長島での2カ月に及ぶロケを無事終えた後、各地を回った。彦根城や宇治などでロケ撮影をし、京都の東映、松竹、大映の各撮影所でセットを組んだ。大映京都撮影所では、A2スタジオをいっぱいに使って大坂城大広間が組まれた。馬場正男にとっては勝手知ったる我が家だったが、ここでも製作費のかけ方が違う。久しぶりに思い切った仕事ができたのだった。

 撮影隊で、美術監督の西岡善信の一番下の助手に、現在美術監督として一線に立つ部谷京子がいた。武蔵野美…

この記事は有料記事です。

残り525文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです