メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年半

避難者の健康支え続け 浪江の診療所医師、笑顔絶やさず

身ぶりを交え、患者に説明する関根俊二医師(左)=福島県二本松市油井の仮設津島診療所で11日、高橋隆輔撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故以来、避難生活を強いられている福島県浪江町津島地区の住民たちを支える医師がいる。関根俊二さん、76歳。21年前に同地区の津島診療所に赴任し、内陸に約30キロ離れた同県二本松市の仮設診療所で診察を続けている。長引く避難生活の中で健康を害したり、伴侶を亡くしたりした住民は多い。東日本大震災から7年半の11日も、笑顔で患者を迎えた。【高橋隆輔】

 「薬はちゃんと毎日のむんだよ」。11日午前、二本松市の復興住宅「石倉団地」にある浪江町営の仮設津島…

この記事は有料記事です。

残り701文字(全文942文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 所ジョージ 「夏に胆のう摘出手術」 新番組で記者会見
  2. 新潮社 「あのヘイト本」Yonda? 看板に落書き
  3. 安彦良和 70歳の“最後の新連載”「乾と巽」が「アフタヌーン」でスタート 
  4. 貿易制裁 第3弾、消費者直撃 米家電、中国部品に依存
  5. 対中制裁第3弾 日本企業困惑 生産拠点の中国離れ加速か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです