メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北海道地震

教訓生きた?避難所ベッド 厚真

避難所に設置された段ボールベッドに腰掛けて笑顔を見せる女性たち=北海道厚真町で10日、山崎一輝撮影

 北海道胆振地方を震源とする地震で、最大震度7を記録し、大きな被害が出た北海道厚真町の避難所に、東日本大震災を教訓に開発された段ボールベッド500台が設置された。ベッドで眠った避難中の住民たちは一夜明けた11日朝、「久しぶりによく寝られた」「寝起きも楽だった」と喜んだ。

     段ボールベッドは2011年3月の大震災直後、体育館などの冷たい床で雑魚寝する被災者をテレビで見た大阪府八尾市の段ボールメーカーの社長が考案した。

     寝台が床から高いため、ほこりを吸い込むことを防ぎ、寝起きする際の足腰への負担も軽減される。直接、床で寝るよりもエコノミークラス症候群を防ぐ効果も期待されるほか、断熱性もある。16年4月の熊本地震でも避難所で使われた。

     避難しているお年寄りたちは早速、座ったり寝転がったりしながら「いい感じ」と笑顔。ベッドは約1畳分で、寝台の高さは30センチほどで、仕切りもあるためプライバシー確保にもつながる。

     妻と避難中の塚田武明さん(72)は腰痛を抱えており、「普通のベッドと変わらない良い寝心地で、昨晩は10時間も寝た」と笑顔を見せた。【安達恒太郎】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
    2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
    3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
    5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです