メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 近江ゆかりの戦国武将・明智光秀を主人公とするNHK大河ドラマ「麒麟(きりん)がくる」の放送開始まで1年余りとなり、滋賀県が盛り上がってきた。三日月大造知事らが5月に放送決定を報告した菩提(ぼだい)寺の西教寺(大津市)では、墓参に訪れる人が例年の約2倍に増えたという。

 光秀は同市に築いた坂本城を拠点に活躍。善政を敷いたとされ、琵琶湖畔には像や碑も建つ。しかし、主君の織田信長…

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文472文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 涼宮ハルヒ 5年ぶり新作書き下ろし短編 「ザ・スニーカー」特別号に掲載
  2. 高校野球 仙台育英・佐々木前監督が学法石川監督に
  3. 新潮社 「新潮45」休刊声明全文 「深い反省の思い」
  4. 那須烏山 「那須ニコン」工場で爆発 3人負傷情報
  5. 新潮社 「新潮45」が休刊 杉田氏擁護特集で批判浴び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです