メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 山口市の山口情報芸術センター(YCAM)で8月15~26日、爆音が鳴り響いた。映画を大音量で上映する新しい鑑賞法を世に広めた映画評論家の樋口泰人さん(61)と、センターが作り上げる夏恒例の「YCAM爆音映画祭」だ。

 同種の映画祭を全国で主宰する樋口さんが「いろんなことがやれる実験場」と愛着を込めて呼ぶには理由がある。

 会場は、ダンスや各種の展示にも使える大規模スタジオだ。ここに大小約50台のスピーカーを持ち込み、音…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです