メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 山口市の山口情報芸術センター(YCAM)で8月15~26日、爆音が鳴り響いた。映画を大音量で上映する新しい鑑賞法を世に広めた映画評論家の樋口泰人さん(61)と、センターが作り上げる夏恒例の「YCAM爆音映画祭」だ。

 同種の映画祭を全国で主宰する樋口さんが「いろんなことがやれる実験場」と愛着を込めて呼ぶには理由がある。

 会場は、ダンスや各種の展示にも使える大規模スタジオだ。ここに大小約50台のスピーカーを持ち込み、音…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文464文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです