メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鶴岡のトライアスロン死亡

損賠訴訟 市が和解金、医師の遺族合意 /山形

 鶴岡市鼠ケ関で2015年7月にあったトライアスロン大会で、同市の男性医師(当時48歳)が死亡した事故を巡り、救助の遅れなどが原因だったとして遺族が市などを相手取り約3億2000万円の損害賠償を求めた訴訟は10日、山形地裁鶴岡支部で市などが遺族に和解金を支払うことで合意した。金額は非公開。市は12月…

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文373文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです