メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

蔵王の自然を満喫 被害の新地小学生、宮城・円田小と交流 /福島

 東日本大震災で大きな被害を受けた新地町立新地小学校の5年生35人が宮城県蔵王町を訪ね、同町立円田小学校の4、5年生27人と交流した。

 子どもたちは、蔵王野鳥の森公園内の約1キロのコースで、ヤマボウシやツタウルシなどの樹木の特徴を学んだり沢を見学したりして、山の自然を楽しんだ。また、野鳥の形をした木製のマグネットやブローチ作りに挑戦した。

 新地小5年、阿部大樹さん(11)は「山の散策で沢の水が見られて楽しかった。5人くらい友達ができた」…

この記事は有料記事です。

残り226文字(全文446文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位
  2. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  3. 北海道 函館山ロープウェイ開業60周年 無料開放
  4. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  5. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです