メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

笠木透さん追悼

CD本を発行 中津川で日本初の野外音楽祭を主宰したフォーク歌手 仲間7人、思い出の文章寄稿 /岐阜

 1969年から3年間、中津川市の湖畔で開催された国内初の野外音楽祭「全日本フォークジャンボリー」。音楽祭を主宰したフォーク歌手、笠木透さん(故人)を追悼するメモリアルCD本「歌がなくては人間らしく生きていけない」(音楽センター刊)が1日、発売された。笠木さんを慕う仲間たちによるフォークグループ「雑花塾」のメンバー、増田康記さん(67)=郡上市八幡町=ら有志が笠木さんとの思い出をつづった文章を寄稿し編集した。

 CD本は「笠木透が語る」と「笠木透を語る」の2章で構成。「笠木透が語る」は、山本忠生さん(78)=…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチローが第一線退く意向 球団に伝える 21日試合後に会見
  2. 「イチロー、ボールが見えていない印象」 村上雅則氏が指摘
  3. 慶応大が渡辺真由子さんの博士取り消し
  4. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  5. 第91回選抜高校野球 開会式で国歌独唱 幕張総合高3年・菅谷茉友さん意気込み /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです