メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「本・人・まち」つなぐ

「森と風のがっこう」閉校 10年先の自分への手紙 /岐阜

 私はこの夏、岩手の深い山あいにあって17年もの間活動を続けた「森と風のがっこう」(岩手県葛巻町)を閉じた。膨大な本や資料、備品も、これまで関わってきた人の手にすべてを渡すことができた。長年かかって緑化した校庭に植えた果樹たちも、一緒に遊び学んだかつての子どもたちが自分の家や敷地に残らず移植してくれた。最後に私が訪れた時には、その果樹から収穫したブルーベリーをジャムにした瓶を持ってきてくれた青年もいる。閉校までの数カ月、残された時間の中で、多くの世話になった人々に再会し旧交を温めることもできた。本当に奇跡としか言いようがない。

 ある日、がっこうを整理していた妻が大切に保存されていた手紙の束を私に手渡してくれた。2008年8月…

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文1119文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  5. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです